Profile

 

Sota Suzuki
Born in Tokyo in 1980. He received a Bachelor of Fine Arts in Architectural design from ‘PARSONS The New School for Design’ in New York. After graduating univercity, he worked for an architectural farm, Morris Sato Studio in NY, as a project stuff of designing museum exhibition for American Folk Art Museum and Ukrainian Museum both in NY city. Since moved back to Tokyo in 2006, he has designed numerous exhibitions in various museums and galleries in and outside of Japan, including ‘Alexander Gelman Exhibition’ at Ginza Graphic Gallery, ‘Max Huber + Takashi Kono’ at m.a.x. museo in Switzerland and annual exhibition design for ‘Lyan arts’collection at Art Fair Tokyo, etc.  He had also done his own solo art exhibition, ‘light shore’ at gallery ROCKET in Aoyama, Tokyo.

 

鈴木草太
1980年生まれ。2004年、米ニューヨーク、パーソンズ美術大学建築デザイン科卒業。同年建築事務所モリス・サトウ・スタジオ勤務。アメリカ民俗芸術美術館常設コレクションの展示や、ニューヨーク市ウクライナ美術館で開催された、彫刻家アレクサンダー・アーキペンコ展の会場デザインなどを在籍中に担当。2006年より東京を拠点にエキシビションデザイナーとして活動。ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて開催された「アレクサンダー・ゲルマン展」をはじめ、スイス、マックス美術館(m.a.x. museo)での 「Max Huber + Takashi Kono」展、青山骨董通りにギャラリーを構える「利菴アーツコレクション」の国際見本市展示会場など、国内外の美術館やギャラリーにて多くの展示デザインを手がける。また、自身の個展 ‘light shore’「光の岸」が青山のギャラリーロケットにて開催されるなど制作活動も行う。