‘DOMYO winter collection 2016’

The space and furniture design for the new collection of “DOMYO”, the traditional Japanese braiding company, established in 1652, Ueno, Tokyo. Their products such as ties and jewelleries were all hand made and the techniques has been handed down through hundreds years. The furniture was designed flexible to adopt periodic rotations of the new collections for each season. And the texture of cultured marble compliments the luxury of silk and the richness of the colors.

東京上野の組紐の老舗「有職組紐 道明」が提案する新しい洋装向けのライン「DOMYO」、その新作発表の展示会場と什器デザインを手掛けた。 新作のネクタイやボウタイ、ジュエリーは全て、創業から300年以上に渡り守られてきた伝統的な手仕事と染めの技法により製作されている。什器は全国各地で開催される展示販売会で使用されるため、傷や汚れに強く、持ち運びやすい事を基本とし、絹糸の質感や組紐の色彩の豊かさを上品に引き立てる事が出来る人工大理石の素材を採用した。本展は新社屋建替えのため仮店舗として使用していた近隣の商業施設を会場としている。

Period:
Feb. 5th−26th, 2016

Venue:
Domyo Co., Ltd. (temporal site)
有職組紐 道明(仮店舗)

Client:
Domyo Co., Ltd.
有職組紐 道明