‘FOLK ART REVEALED’

The total design for the Museum’s permanent collection followed four archetypal themes: symbolism, utility, individuality, and community. The exhibition design articulated the juxtaposition between contemporary and traditional art, and interpolated the curatorial themes with graphic interfaces, video projections, lighting, and casework design, all made flexible to accept periodic rotations of the ongoing exhibit.

アメリカ民俗芸術美術館常設コレクションの展示デザイン。絵画、彫刻、家具、生活道具など、人種や風土、時代性や精神性を色濃く反映する様々な所蔵品を、民俗芸術の原型的な4つのテーマ、「象徴性」「実用性」「個性」「共同性」に基づき慎重に配置する展示構成とした。周期的な展示品の入れ替えに柔軟に対応する展示ケースのデザイン、ビデオ映写、照明効果、グラフィックデザインを含む総合デザインを手掛けた。

Period:
Nov. 16th, 2004−Aug. 23rd, 2009

Venue:
American Folk Art Museum,
New York, New York, U.S.
アメリカ民俗芸術美術館、
米ニューヨーク州、ニューヨーク市

as a project architect for Morris Sato Studio
モリス サトウ スタジオ在籍時担当プロジェクト